loving PEEWEE

日常の小さなできごとを愛する生活
<< イギリスを思い起こさせるもの | TOP | 大英博物館の秘宝? >>
紳士を育む紅茶

画像の赤いプレートはポートベローマーケットで見つけたものです。金属板に赤くペイントして白で「Keep Calm and Carry On」と書かれています。小さなものはショップで見かけましたが、大きなものが欲しかったので見つけた時は嬉しかったです。これは(冷静さを保ち、そのまま(いつも通りに)続けよう)と言う意味で第二次世界大戦の初期に、国民の士気を高める目的で作成した宣伝ポスターだそうです。
イギリスの紅茶の習慣は有名ですが、残念ながらイギリスのレストランでの紅茶は美味しいと感じませんでした。スリランカでは紅茶の美味しさにびっくりした記憶がありますが・・・
日本人にとってティータイムと言えばお洒落なイメージですが、画像のようなアフタヌーンティーをホテルでオーダーするのは観光客くらいのようでした。言わばイギリス人にとって紅茶は、日本人の煎茶のようなものなのです。日本人でも美味しくお茶を淹れられる方って少ないのではないでしょうか。イギリスでは紅茶を淹れた時「Is this your colour?」と訊いたりするらしく、好みはさまざまらしい。当たり前と言えばそうだ。イギリスではホテルでミネラルウォーターを使って自分で淹れた紅茶が一番美味しかった(笑)けっしてイギリスで販売されている紅茶がまずい訳ではありません。紅茶研究家の面白いお話を見つけましたので、こちらもご覧になって下さい。
日本もお茶の文化は色濃く残っていますが、それは茶道と言う僅かな日本文化になってしまったかもしれません。 イギリス人は「Don't Punic」精神を子供の頃からティータイムを通して学ぶのだそうです。「淹れ立てのお茶を冷まさずに飲むと火傷をしてしまう」・・・そんなささやかなことがイギリス人の紳士的精神を育てるのだとしたら、大変興味深いものです。英国人だってパニックに襲われる出来事は大なり小なり日常生活に起きます。そんな時彼らは「まずは紅茶をいっぱい」と自分や相手に勧めるのです。「Don't Punic・・・Don't Punic・・・」と心で唱え、お茶を淹れ、火傷をせずに飲むことが出来る頃には怒りやあせり、パニック状態がひとまず落ち着くわけです。
「Keep Calm and Carry On」のプレートは、いかにも英国人らしく素敵だなって感じたのです。世界大戦中に爆弾の攻撃を受けるさなか、紅茶を飲んで作戦会議をしたと言う話もあります。嘘のようなホントのような話です。
ロンドンを発つ時の地下鉄の駅での出来事でした。夫と二人各自スーツケースを持って階段を下りていると、不意に男性が私の後ろから声をかけて私のスーツケースを持って階下に行ってしまいました。内心『やられたぁ〜』スリに遭遇したかと思いました。だってロンドンバスの日本語ガイドで「親切を装ったスリが続発していますのでご用心下さい」と繰り返し聞かされていたのですもの・・・でもごめんなさい、本当に親切で運んで下さったのでした。お礼に扇子をお渡しすると、頭をたれ胸に手を当ててお礼を言って下さいました。ヘアースタイルがレゲエ風の30〜40代位の男性でしたが、そのしぐさはまさに紳士そのもの、もしくは中世の騎士のようでした。『素敵〜!!もう王子様に見えました』そう言えば、ロンドンではステッキを持ったスーツ姿の紳士は一度も見かけませんでした。現在の紳士はレゲエ風なんです(笑)ちょっとだけ私を中世のお姫様の気分にさせてくれた素敵な思い出です。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
ポチッと応援クリックお願いします♪
CATEGORIES::〓ティータイムcomments(2)trackbacks(0)〓 - -
コメント
素敵なご旅行でしたね。
私の好きな本がイギリスのものが多いと気づき、イギリスに興味を持ちました。
イギリスに住んでいる人のブログを見たり、イギリスについての本を読んだりもしました。
イギリスっておもしろい国だなって思ったし、美しい湖水地方に行きたいという憧れもありますが、不安な事もあったりして、行く気にはなれません。
だから、月乃さんのブログで楽しませていただきました(^-^)

私は、ずっと、「今もイギリスに紳士はいるのか」が気になっていました!
アガサクリスティーの本に出てくるような紳士はいるのか…
やっぱり実際に行って、気になること色々みてみたいです(*^o^*)
2014/08/24 8:10 PM by えり
えりさん、お久しぶりです♪
あっ私も同じです。『好きだわ』って手に取ったものや
読んだものがイギリスのものだったりです。
今回は湖水地方に行きませんでしたので
いつかは、ポターのお家を見に行きたいと思います。
紳士のことは、海外の人が日本に侍や忍者がいると思っている人も
いるみたいなので、同じですね。
ぜひイギリスに行って来て下さい。
本当に素敵な国でした。
2014/08/24 10:04 PM by 月乃
コメントする












こんにちは、loving PEEWEEの管理人 月乃です。いつもブログを見て下さりありがとうございます。普段の月乃は、産業カウンセラー&占い師&陶芸家のどれかをしています。色んなことをしていますので、あちらこちらでサイトを運営しています。こちらでざっくりとまとめてみました。loving PEEWEEでは更新していなくても、こちらのどこかで更新してると思います。どうぞよろしくお願いします。




しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

「しあわせ魔法くらしマガジン MOCOT」

暮らしに小さな魔法をかけましょう!
http://mocot.net



facebookページが出来ました。フォロー宜しくお願い致します。