loving PEEWEE

日常の小さなできごとを愛する生活
<< hidocot garden // イギリス旅日記5 | TOP | Bibury // イギリス旅日記.7 >>
Kifts Gate Court // イギリス旅日記.6

ヒドコートマナーガーデンを後にして、キフツゲートコートガーデンに行きました。 この二つのお庭は、とても近いので歩いて行くことも出来ます。私は日本で「世界で一番美しい村に住む人々」と言う番組でこのお庭のことを知りました。録画して何度も見いていたのでチッピングカムデンの銀細工師“ハートさん”やキフツゲートのオーナー“アンさん”は顔見知りのような錯覚さえ覚えました(汗) こちらのお庭は親子三代の女性によって造られました。 キフツゲートの庭は、とても変化にとんだ立地なのでお庭も歩き進むほどに変化します。それぞれのお庭は個性的で三代の主の個性をよく表しています。一番上の写真は、現在のオーナーのアンさんがサトイモをデザインした噴水のお庭です。とてもモダンですっきりとした感じはアンさんの性格を表しているのかもしれません。 邸宅の周りのお庭は、アンさんの祖母ヘザー・ミュワーさんが造った庭です。ミュワー夫人は、ヒドコートのローレンス・ジョンストンと交流があり、いろいろとアイデアを交換したという話しが残っています。お隣同士ガーデニングのお友達だったのですね。私はこちらのお庭が一番好きでした。とってもロマンチックでどこかしこにも夢がありました。歩くだびヘザーさんが『ここは、こんな風にしよう・・・』とイメージする姿が見えるようでした。 こちらの邸宅にはアンさんご一家が現在もお住まいになっています。 チケット売場では、アンさんのご主人がチケットを販売されていました。残念ながらアンさんに会えませんでした。 また小さなショップがありました。憧れのお庭の思い出としてキフツゲートオリジナルのティーカップを買いました。 素晴らしいお庭だったのですが、アンさんが飼っていらっしゃる猫ちゃんのマーキングの匂いがきつくて、ちょっと鼻のきく私には苦しかったです(汗)
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
ポチッと応援クリックお願いします♪
CATEGORIES::〓おでかけcomments(0)trackbacks(0)〓 - -
コメント
コメントする












こんにちは、loving PEEWEEの管理人 月乃です。いつもブログを見て下さりありがとうございます。普段の月乃は、産業カウンセラー&占い師&陶芸家のどれかをしています。色んなことをしていますので、あちらこちらでサイトを運営しています。こちらでざっくりとまとめてみました。loving PEEWEEでは更新していなくても、こちらのどこかで更新してると思います。どうぞよろしくお願いします。




しあわせ魔法くらしマガジンMOCOT

「しあわせ魔法くらしマガジン MOCOT」

暮らしに小さな魔法をかけましょう!
http://mocot.net



facebookページが出来ました。フォロー宜しくお願い致します。